空飛ぶ要塞 by kaiunmanzoku

海外で情報戦争に巻き込まれてしまいました。私は無事に帰ってこれるでしょうか? 日米中ロの諜報機関と捜査機関が私を取り囲む??

FBIとNSA (22)

「妻」と「娘」は8月9日の午前8時半に京都市左京区のホテルの前に呼んだ観光個人タクシーに乗りこんだ。運転手のほかに若くハンサムな中国語の通訳が付いている。

この通訳は20世紀初頭から存在する神戸の”元台湾系”貿易商社「中山日華親子商会」、現会社名「中山日中友好商会」の次期社長、つまりは跡取り息子だった。日本人の血が4分の3以上入っているが、国籍は中国籍である。

この好青年は地元の神戸で中華同文学校を卒業した後、15歳で中国本土に留学し、そのまま中国の名門である清華大学を卒業してから、日本に戻り、京都大学へ進学、2年前に京都大学の大学院を卒業している。28歳である。専門は電子工学と電磁気学という。

この外国籍の青年については公安調査庁が既に詳細な情報を把握していた。

公安調査庁は出入国管理局とも密接な交流がある日本の情報組織の一つである。

そして、その情報網は、内閣情報調査室や内閣官房、外務省国際情報統括官組織と共有されているので、これらの組織との折衝も日常業務の一部だ。

逮捕権は持っていない。しかし、法務省傘下の組織として、検察庁から出向した人材を受け入れており、違法行為の探知能力と収集能力は優れている。

また、オウム真理教事件等で明らかになったように、身分を偽っての潜入調査が得意である。

この一般市民からは縁遠いと思われている諜報機関は、警察庁の兄弟組織として、警察庁や警視庁といくつかの出向ポストを共有していて、日常の市民生活に潜んでいる脅威について常に神経をとがらせて監視しているのだ。

一方、警察庁警備局外事情報部外事課と警視庁公安部は、この将来の若き青年実業家の経歴と現状についての情報こそ、公安調査庁から手に入れるまで知らなかったとはいえ、この”元台湾系”貿易会社「中山日華親子商会」の先々代が1970年代の日中国交回復後に自らの出身地を台湾から福建省に変えるとともに、会社名を「中山日中友好商会」と変更して中華人民共和国との取引に乗り出し、大成功を収めてきたということは、独自の調査で既に知っていた。

そして、現在では「中山日中友好商会」が、日本からの機械部品、電子部品の取扱高で中堅どころの商社として、日中両国で一目置かれている存在であることも・・・。

 

日本の捜査当局では、中国や北朝鮮に西側から戦略物質が輸出された疑いがある事件が生じると、その都度、日本から輸出された当該の製品について、そのルートを製造元からいちいち細かく調査していく。

そして、過去から現在まで何一つ問題を起こしていようといまいと捜査対象に手心が加えられることはない。疑いが発生すれば捜査令状が発せられるし、裁判所からの捜査令状の取得が難しい場合には”任意の”捜査を要求することになる。

それほど緻密で断固たる調査が日常業務として行われているのである。日本の安全を脅かす危険は日本国内のあちらこちらに存在しているからある。

その捜査当局の調査過程では、ほぼ網羅的に関連する取引先が調べられることになる。全ての企業が捜査対象となるのだ。多肢に枝分かれしている輸出ルートの中で一度でも出てきた企業名は、現場の担当者にとって全て要チェック対象である。

この調査過程で日本の貿易にかかわる全ての企業体、個人が有名無名を問わず、一度ならず、何度も調べ直されていると考えられるのである。

当然、「中山日華友好商会」の名前は戦略物資の輸出を監視する担当者にはなじみの深いものである。

そういう意味で、この若き将来の「中山日華友好商会」社長が「料理長」の「家族」の京都観光の通訳を務めるという情報は

「ついに来るべきものが来た」

ように、現場の担当者の端々にまで受け止められたのは止むを得ないかもしれない。

 

銀閣寺 - 平安神宮 - 清水寺 - 三十三間堂 と巡って、昼食に至るまで、「妻」と「娘」に変化は見られなかった。

 

昼食中に、通訳がいなくなった。

これが、ちょっとした混乱とある確信を現場にもたらした。

しかし、ハンサムな若者は30分で戻ってきた

 

二条城 - 金閣寺 - 北野天満宮

と巡って、「親子」は元の京都市左京区のホテルに午後4時半ごろに戻ってきた。

 

ホテルの部屋は既にホテルのハウスキーパーに”正式に雇われた”兵庫県警の女性外事係員と他1名によって捜索済みである。

  


ファイル:Kinkakuji 2004-09-21.jpg